十日町の歴史・四季

江戸時代絵画

江戸時代絵画

資料提供:十日町きものれきし館

マジョリカお召

マジョリカお召

資料提供:十日町きもの歴史館

明石ちぢみ

明石ちぢみ

撮影協力:十日町きもの絵巻館

きものの歴史

十日町の歴史は古く、この地方に人が住み始めたのは中期旧石器時代です。古墳時代米作りや機織りなどが 行われるようになりました。

当時の編布「アンギン」から始まり、奈良の正倉院には約1,200年前の越後布が残されています。江戸時代には 高級織物として珍重され、帷子や裃などに使われた「越後ちぢみ」が名をとどろかせました。越後ちぢみは後の 昭和61年に国の重要文化財に指定されています。

明治以後は伝統技術が絹織物に生かされ、大正末頃には工場生産体制が確立しました。
昭和初期には「蝉の羽」と言われるほど軽くて薄い「明石ちぢみ」が有名となりました。
戦後はお召、十日町小絣、縫取ちりめんなどの生産が主流となり、昭和34年、「マジョリカお召」が爆発的な 売れ行きを示し産地は大きく発展します。

その後「PTAルック」として親しまれた黒絵羽織で一世を風靡しました。

東京オリンピック後は現在の主流となる友禅染によるフォーマル商品産地へと移行していきました。

今日では、振袖や訪問着の他、伝統工芸品に指定されている「明石ちぢみ」、経絣、緯絣、突絣など特徴的な 技術で織り上げられる「十日町がすり」などを生産する全国有数の総合産地として、京都に次ぐ規模になっています。

十日町絣 協力:勇屋織物株式会社


十日町の四季

工場のある瀬替えの里『仙田の四季』

この地域は昔洪水が多かった為、うねった川を人の手によってまっすぐにする瀬替えが行われた。 これが瀬替えの里といわれる由縁となった。


春

仙田を流れる渋海川
川の岸に藤の花が満開に咲いている。

夏

何百年もかけて自然が造った大地の芸術。

秋

早朝、霧の中の仙田と黒姫山の初冠雪。

冬

積雪 3.5m
ここは現在は田んぼだが昔は川が流れていた。